読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情緒不安定

色んな感情芽生えてきます、だから書いていこう

から

 

勉強にやる気が出ない

どうして。

こんなに明日に迫っているのに。

明日はテストなのに、、

 

抜け殻みたいになってしまった。

Google検索も

ユーチューブも

LINEも

全て楽しくない

息抜きになんかならない

 

ただ、ふーくんに会いたい。

ふーくんに会って抱きしめてもらいたい

思いっきり子供に戻りたい

1人で寝るのは嫌

でもふーくんと寝ると少し緊張してあまり眠れない

じゃぁ私は本当は寝たい

 

考えることがやめられない

いつも何かについて考えている

それが無条件に私にとっての安心

 

ただ友達と話していたい

一日中食べて話していたい

これが私の願い

ふーくんといたい

ふーくんといたい

ふーくんといたい

 

ふーくんを失うのが怖い

 

もはやふーくんが好きなのか

ふーくんを好きな私のアイデンティティを守りたいのか分からない

 

でもふーくんに会いたい

 

アパートに戻ると私は1人

アイデンティティがない私が1人

 

私は人がいないと私を作れない

 

ふーくんに会いたい

 

ふーくんに伝えている言葉は最近は嘘が混じる

 

ふーくんといると幸せ

だけど何か物足りない

私はそれを埋めようとしてふーくんに何度も好きだと伝えた

安っぽい言葉だったから

ふーくんは

俺も好きだよ

と返してはくれなかった

 

好きだよと返事を返してくれても

大して私は嬉しくないだろう

 

1人の時間にふーくんを思い出している私の方がよっぽど、価値のある好きを思っている

 

ふーくんに料理を作る時

幸せを感じる

彼がどんな顔をして食べるのか

それを考えて作るのが好きだ

でも彼が私の家に来てくれる、それを待っている私も好きだ

料理を作って待つなんて、夫婦みたいだから。

私はそれを望んでいる

 

私は勉強が好きだと思っていた

でもそうじゃないかもしれない

 

私はふーくんと一緒にいたい

毎日毎日ふーくんの帰りを待つ人になりたい

平凡という素敵な日常に住みたい

恋愛と勉強は両立できないらしい

 

高校で勉強ばかりに熱心になれた自分、ここで価値が湧いた。高校では気づかなかった、彼氏がいないという価値

 

今は幸なのか

思いっきり好きな人がいる

それは私の判断を鈍らせて

ただひたすら彼を求める

 

私がもし彼を1日思い出さない日が来たとすれば、それが彼を信頼した初めての日になるだろう。